マンション購入 流れ

マンション購入の流れを知ること

マンションを購入したいという方においては、初めてだという方も多いのではないでしょうか。
実際に進めていく中で知識を得ていくのも良いのですが、改めて大きな流れを知ることも大切といえるでしょう。
そこでここでは、その流れというものについて考えていくことにしましょう。

マンション購入前に必ず行う見学や内覧や説明について

まだアクションを起こしていないという方においてもご存知の部分かとも思います。
マンションの見学や内覧そして説明などをまずは始めてみましょう。

 

最初のアプローチとしては、パンフレットなどの資料に基づいてマンションの説明を受けてみましょう。
この際、どのようなことでも少し気になる点があれば積極的に質問をしていくようにしていただけたらと思います。
納得をしながら進めていただくことが大切であるといえるのです。

 

そして、より具体的な部分となると資金についてです。
資金計画やプランについて相談をして見ましょう。
こうした相談会を実施しているところもありますし、個別に申し込んでいただくことが出来るかと思います。

 

さらには、実際にマンションへ足を運んで内覧をして見ましょう。
新築マンション購入の場合ですと、建築中という事もあるでしょう。
そうした場合には「モデルルーム」を見学していただくという形になります。
モデルルームであっても、建築中のマンションと同様の内容となりますのでしっかりチェックをしましょう。

申し込みや抽選会のを行うことについての知識を持とう

そして具体的な申し込みです。
購入の申し込みは、書面の名称は様々ですが、書類に記入をして提出していただきます。
といっても、書類を出せば購入完了するというわけではありません、
この前後に、住宅ローンの仮審査というものが必要となってきます。

 

これとは別に、抽選会が行われることもあるでしょう。
人気のマンションの場合にはこれがあるともいわれています。

 

抽選に関してですが、先着順の入居という場合においてはこれは行われません。
そして、抽選とは言いつつもその前提として「住宅ローンの融資審査に問題が無い」という人が優先されるケースもあるようです。
抽選の仕様におきましては、各物件やメーカーによって異なってくるかと思いますので、事前に把握をしておくようにしていただきたいと思います。

 

ここで注意点です。
注意点につきましては、他の住戸を購入する姿勢を見せることによって除外をされることもあるというケースです。

マンション購入の流れについて知ることは大切なことでもある

この後、売買契約に進んでいただきます。
こうした流れを知っておくこともまた大切なことなのです。