マンション購入 費用

マンションを購入する際に必要になる物件以外の費用

マンションを購入したい。
そのような方においては、マンションの価格という点に注目をする方が大半かと思います。
もちろん、これは大切なことではありますがそれに伴い発生する費用についても考えることが大切なのです。
そこでここでは、そんな諸費用について見ていきましょう。

マンション購入が決まったときに必要となる料金について

マンションを購入すると決まったら、まずは申し込んでいただく際に必要な費用があります。
それが「申込証拠金」です。
この申込証拠金の金額についてですが、相場があり物件ごとによって異なってきます。

 

一般的な申込証拠金の相場は「5万円から10万円」と考えておくとよいでしょう。

 

さらには、売買契約をしていただく際に必要な「手付金」です。
こちらの存在はご存知の方も多いのではないでしょうか。手付金の目安ですが、物件価格の5%から10%程度と考えていただくとわかりやすいでしょう。

 

その他に必要なものは、ローン購入をするケースが多いかと思いますので「契約印紙代」というものです。
そして、残金決済時に必要な購入部っ゛県の残金代です。
こちらにおいては、物件そのものの価格から手付金をひいたものになります。

 

このように、契約にまつわる費用というものを考えた時、いくらかの準備が必要となってきますのでこの部分ついて理解と納得をしたうえで購入を進めていただく形となります。

新築マンションを購入する際に必要となる費用などについて考える

新築マンションを購入する際に必ず必要なものがあります。
それは物件の価格から2.5%から5%程度の費用になります。
そして、マンションを引き渡しをする際に必要な費用もあります。

 

引き渡しの際に必要なものが、家具購入代金や引っ越し代金というものです。
あまり考えていないという方もいらっしゃいますが、こちらについては必ずといってよいほど必要な費用ともいえるでしょう。

 

さらには、入居をしてからも必要となる費用があります。
それが「不動産取得税」です。
入居後半年から1年以内に必要になってきますので認識をしておきましょう。
なおこちらにおいては、物件によっては税額がゼロになるというケースもありますので、事前に把握をしておきましょう。
と、あわせてマンションのメンテナンス費用や管理費なども必要となってくるでしょう。

 

新築マンション購入時にはこれらの費用というものが必要となってきますから、それらも含めて購入を検討していきましょう。

マンションを購入する際に必要となる費用についての知識をつけておこう

このように、物件そのものの価格以外の費用についての知識は購入をする上において大切な知識なのです。